アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ゲームのチラ裏(常時ネタバレ注意)
ブログ紹介
そのまんまです。
zoom RSS

<ゲーム雑記>いや〜

2017/06/26 21:56
歴史的瞬間すなあ
現代日本に生まれてほんとによかった…
生きてるうちにこんな男を見ることになるとはよォ!



展開としては一部の駒だけがカチ合う形で
先に飛車を押し込まれて先手が気分的に苦しかったと思うが
▲22歩〜▲77桂〜▲65桂〜▲75角が
すさまじい切れ味で一気に攻め形に。

飛車を詰められた時点ではぜんぜん攻めの手がかりがなかったのに
その飛車を取られる前にこんだけ駒が進む…
しかも貰った駒も始末に困り気味だった銀も
キッチリ生かして詰みまでもっていくこのセンス
普通あの時点で角2枚とか貰っても「どうすんの?」としか思わねぇえ〜よw
まったく歩が伸びてないから何していいか分からん人が大半のはず

増田の陣形は正直よくできてたと思うんだけど
こんなやられ方したらもう雁木指せないんじゃないですかね…
少なくとも俺だったらもう駄目ですわ
53桂打ちって…

何度も繰り返すけどほんと現代将棋とか マ ジ 桂 馬 ゲ ー

根本的には85飛の形が祟ったってことになるんかねえ?
桂跳ねが飛車に当たるってのは
中座飛車が廃れた理由のひとつだと思うけど…
飛車当たりで先手取られて82に引いた形が
玉の逃げ道を微妙に塞ぐような形になるのも不満よね
82が空いてるぶんには71銀型もそれほど
マイナスではなかったような気はするんですがねえ…


75角据えてからはもうあとは「間違わない聡太」って感じですな
最後の38飛車はエグかった
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<ゲーム雑記>ふんふん

2017/06/26 05:19
「最期にヒソカが誰を殺すかは決まっていませんでした」


つまり
「決まっていないとは言ったが絞れてないとは言ってない」
ということですね、分かりますw

どうみても
「便利すぎる能力者だからここで始末しとこう」
だろうがァーー!!


イラストのシャルとコルトピは遺影という感じだが
なんらかの形でまた出てくるよ、という可能性も…
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<マンガ雑記>とりあえず

2017/06/23 19:48
ちと遅れたが

煉 獄 の 兄 貴 … !



最近なかなかないカッコイイ死に様だった

後々戻ってくる可能性も感じないではないけど
仮に戻ってきてもアバン先生くらいには許されるとも思う



・ハンタ
バレ見たけどまさかのスキルハンタータイプwww
まあチート言いたくなるのも分かりはします

一応制限としてキツそうなのは
「吸い出すまでにおそらく若干時間がかかる」
「エンペラータイム強制」
という部分ですかね
特に前者はまず相手を制圧しないと話にならんので…

しかも使えるのは1回限りだし
やはり本持ち強制とはいえ自在に使えるスキルハンターのほうが
冷静に見るとチート感はありますな


しかし特筆すべきはそこよりも
おそらく話作りの機能的な部分なんですよね

1回だけとはいえ比較的容易に能力を借りれることによって
元から複雑で先を読みづらい情勢がさらに読みづらくなり
(週間漫画は常に読者の予測との戦いですし冨樫はこの部分では
圧倒的第一人者ですからね。たぶん人類最前線)
同時に読者の予測・想像は際限なく膨らみ関心はうなぎのぼり
クロロVSヒソカやワートリもそうだけどこれが効くんだ
しかも話の流れを作るのは冨樫ですからねえ
既に恐怖を感じますわ

敵から奪う能力、味方から借りる能力…
いかにもクラピカのメンタルを追っていくには
うってつけの題材でしょうな
敵の能力が必要なせいで不本意に生かさなければならないことも
当然あるでしょうし、逆に味方を不利にしてしまうにも関わらず
状況全体を優先させるために借りなければならないこともあるでしょう
この葛藤は間違いなくクラピカを苦しめる

はードキドキがとまんね
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<ゲーム雑記>つか

2017/06/22 17:19
ナベ負けたんかw
相変わらず他の棋戦はぱっとしないなあ


しかも内容がお株を奪われたりなんちゃりでもうね
まああんなところに金上がる菅井も大概だが…
中飛車対左美濃はいま一番見たかった形のひとつだけど
菅井の構想がアレすぎてそれどころではない展開(ひでぇ
まったく参考にならん!

しかしまあえげつないねじり…ひねり合いというか
くっそ複雑でワケのわからん将棋をようこんなに長手数やるわ
俺が居飛車だったら二度と対局したくないと思うレベル

まあそう思わせるあたりがいまの菅井の強さなのかな
この筋金の入りっぷりを見ると
やはり直近で聡太ハント最有力か
澤田にも勝ってるしね(澤田潰れるなよー)


まあでもアレでしょ
ナベはどうせ叡王戦で本気出すんでしょ?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<ゲーム雑記>んで

2017/06/22 07:08
まず戦型が▲58金型対△62金81飛形なわけだが


この対抗形で後手の金と飛車があのザマというのは
いかにも採用した側がつらい
なんのためにこの形にしたのか分からない

基礎になってるのは▲46角打で、
自分側の桂馬の利き先や相手の突き捨てが入った筋の歩を伸ばして
空いた空間に角を据えるこの手は
(元からある手だろうが)最近ちょくちょく見るようになった印象で
聡太も有力とみてるように思われる
こないだの76角とかね

▲46角の主な狙いは角替わりにおける先手の課題、
65桂速攻への対処と思われる
△65歩を突かせてから据えてるあたりがカッコいい…

素人なりに感じるポイントとしては

・先手番で飛車を下げない(1手省く)ことが▲46角が間に合う要因になっている
・腰掛銀の形だと先手角の頭が厚いので56銀で止まっている形が無駄にならない
・後手から仕掛けが入ると歩を入手できるので▲63歩の叩きが計算に入る
・63歩に対して先手角の成り込みを避けるなら今回のように72金だが
やはりこれも▲73歩の叩きがきつい
・後手は金が1段目に落ちると飛車を下げた意味がなっしんぐ
・後手の7筋の歩を伸ばされるのは先手の気分としてはすこぶる悪いが
上記▲73歩が大きいと見てるぽいのと、最悪▲72歩成と成り捨てて
▲77歩とかする方法もある(飛車当たりになるので手抜きしにくい。
これも81飛車型が祟ってる形)
・桂馬を飛ばれる形で▲66銀と上がるのは
2枚銀を使って後手の54銀を入手することを見ている
・また▲46角は△39角の筋をあらかじめ防御している
(特に△65桂と絡む△57角成の筋)
直接馬になったりしなくても左辺の押さえ込みと
この筋の防御で働きは十二分

とかそんな感じですかね。

正直角替わり△65桂速攻に対してずっと
「どうすんの」って思ってたけど
こんなん見せられたら俺でも▲46角打ちますわ
やってることがいちいち論理的すぎて小便漏らしそう


そんで中盤の見事な指し手が
後手に馬作らせてからの▲56銀再度打ち据えですかね。
桂馬を取るのはいずれやるからそこはいよいよ決行か、という感じだけど
これもう相当前から角合わせて交換して銀進めて
飛車追われる手に乗って右四間の形、って読んでますよね…
えげつなさすぎて吐きそうでござる

ちな25を保留し続けるあたりはなんとなく聡太らしいですね。
この辺は個人的にはナベのイメージで
25歩は突くもの、24歩は権利、って思ってたけど。
4筋とのバランスもあるということかな

▲64角はむしろこれは打つだろという感じで違和感ない
そこからはもう間違えずに着実にじわじわ迫っていって
ついてに耐え切れなくなった後手が74香(やや疑問手くらい?)
をやっちまったか、という感じ
勝負手なんだろうけど速度差を完全に見切られてしまっている
正直この辺にもう前回とは力関係が違ってしまっているのが
見て取れる気がする。澤田の今後が心配なレベル


だいたい繰り返すけど76に歩の拠点作られるのは
先手としてはほんと不快なわけで、しかも香車取られてるから
77香車ぶち込まれて死ぬパターンが容易に見える
そのフラグをあえて許してしかし実行はさせずに完勝、なんて
こんなん実力差以外のなんだっていうのよ…

玉の位置にしたってちょっと前は68でも79でも88でも微妙って感じで
天彦が居玉試すなんてことがあったというのに
堂々と79玉とか見切ってる感パなさすぎ


もうね、世間的にはまだ強敵との対局が続くっていう認識なんだろうけど
ここまで素人にも感じ取れるレベルでロジカルに完成してると
自分はもう正直当分負けないだろって思いますわ
まあまだプロになってから指してない戦型とかもあるだろうから
その辺で不利になることはあるかもしれないけど
少なくとも実力勝負で今後当面の相手に遅れを取るとはとても思えない。

竜王戦なら左山で危険なのはたぶん久保だけ、
右山でもハッブと稲葉だけと思います
それ以外の確定マッチングでは棋王戦の豊島だけでしょうね
王将戦予選は菅井が来たらこれも当面最有力


ところで都成、お前 ま た マッチングするのかw
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<ゲーム雑記>いやあ〜

2017/06/21 17:01
もう変な笑いしか出ないね
まるで当たり前のようにここまで…


いったい彼はどこまで行くのか
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


月別リンク

ゲームのチラ裏(常時ネタバレ注意)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる