ゲームのチラ裏(常時ネタバレ注意)

アクセスカウンタ

zoom RSS <ゲーム雑記>聡太ェ…

<<   作成日時 : 2017/09/08 06:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

△88歩で台無し


それまではおおむね完璧に近かっただけにな〜

含みのあるひねった序盤から綺麗な形に持ち込み
実際の形勢はともかくおそらく先手が指しづらい順にしてたと思うし
先手の左銀保留に対して後手も右桂保留で通して
まさに先端将棋って感じで見ながらしびれてたが
△88歩から先手に98玉を許してこれまでの流れが台無し

せっかく左銀の処置を確実に責めてたのに
玉を98に追ってしまったせいで
むしろ端歩と桂馬を動かしてないのが響いてしまう形
しかもソフトは何度も94歩突くタイミングを示してたというね

あとはもう無理攻め続けて自滅
それでもまだ一回戻して43金しとけばってタイミングが
これも多数あったというのに逃してしまう
連勝が止まってからは「見えてない」って感じが強いけど
まさに今回もそれ

構想や認識は相変わらず並外れて凄いのは
はっきり見て取れるんだけど
それが最後まで続かないのが当たり前、になってきちゃってる
言い方を変えると負けてる将棋のほとんどが
「本来勝ってた将棋」っていう感じで見てるほうもダメージがでかい
どんな符合なのか知らんが妙にいまの羽生とそっくりで
見ててかなりつらいわ


逆に大地のほうは仕掛けの時点でおそらくうまくないと分かった上で
それでももつれるまではちゃんと最善手を指し続けてて、
この辺は流石今期8割勝ってるだけはあり、見事なものでした
あの左銀保留はあらゆる意味で充実してないとできない指し回しでしょう
もの凄い気合を感じましたし、我慢して我慢してついに機を捉えて
77銀上がったのはたいしたもんだと思いました

この先手左銀と後手右桂の駆け引きは本当に凄い
台無しにはなりましたけど個人的にはかなり記憶に残りそうです





さあそしてついに今日この日がやってきてしまいましたな

今日こそ将棋の歴史がひとつ終わるか延命するかが確定する分岐点

今日羽生が勝てば王座失冠したとしてもまだしばらくは生き永らえる
だが、もし負ければおそらく王座も失冠した上で
次の棋聖戦までの運命でしょう

5日の悲惨なありさまが既に運命を示していたのかどうかが今日、わかる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
<ゲーム雑記>聡太ェ… ゲームのチラ裏(常時ネタバレ注意)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる